心理カウンセリングのモニターセッションのご案内

Pocket

モニターセッションは、2018年迄で終了しました。

沢山の方に受けて頂きましてありがとうございました。

昨年から鍼灸治療と並行して行っている心理カウンセリング&セラピーについてのご案内です。

これまで治療にいらしている方やそのご紹介を対象に、ご希望されている方に心理カウンセリング&セラピーセッションをさせて頂いていました(以降セッション)。

お陰様で大変好評を頂き、少しお待ち頂いている状態でしたが、ようやく先月でお待ち頂いていた方ほぼすべてに受けて頂けました。

今後は治療とは別に、ご希望される方(今の所、スカイプ以外は女性に限ります)すべてを対象に行う事になりました。

興味のある方はぜひ体験してみてください。

セッションってどんな風にやるの?

進め方

今悩んでいる事、気になっている事などを問いかけ形式で伺っていきます。

それによってその奥にどんな思いや感情が在るのかを明らかにしていきます。

実はこれだけでも、ご自分がどんな思いを抱えていたのかが整理されて、かなりスッキリします。

何故なら大多数の方は自分の頭の中で、とてもあやふやでボンヤリとした思いをモヤモヤと感じている状態です。

そしてさらに、その奥にある潜在意識の思いにアプローチしていきます。

これは、きちんと探れれば普段生活の中で殆ど感じたことのない心の本音の部分にたどり着けます。

この本音の思いを知ることは事は、自分を深く理解する事になります。

それによって自分自身を受け入たり、苦しかった感情の解放が起こります。

セラピーで使用するメソットは…。

所要時間

1回 60分~90分(初回は90分お時間を頂きます)

料金

モニター料金として3回セットで10000円

※セッション後の変化や感想を毎回お知らせして頂きます。(有効期間は、初回より3カ月以内)

場所

千葉県市川市の治療室 または、スカイプで

予約、お問い合わせ

sashidahari@gmail.com

予約お申し込みの際は、

お名前、メールアドレス、ご都合の良い日時(第三希望位まで)をお知らせください。

セッションを受けた方の感想

30代女性

以前から鍼治療でお世話になっていましたが、イライラしやすい私を見て、カウンセリングをやってみない?と声をかけられ受けてみることにしました。

カウンセリングでは、話をしていくうちに様々な感情が溢れてきて最後には本当の自分はこういう風に思っていたんだと知ることが出来ました。

今まで4回受けましたが、以前よりもイライラしている時間が少なくなってきたのを感じます。

居心地の良い空間で、信頼できるカウンセラーだからこそ受けられるカウンセリング。これからも、自分自身とより良く付き合って行ける様にお世話になりたいと思っています。

40代女性

離婚問題で1人で思い悩んでいたところ、妹からの紹介で指田先生のカウンセリングを受けました。

初めてのカウンセリングでしたが、先生は思いをしっかり受け止めて下さり、安心して素直な感情を話すことが出来ました。

また、そのことにより、自分が悩んでいる事は相手に対する憎しみや怨みなどの黒い感情ではなく、子供を深く愛するが故の事である事が分かり、ものすごく気持ちが楽になり、前向きに考えられるようになりました。

また回を重ねる毎に自分でも知り得なかった思い癖やトラウマ、深層でどんな気持ちを持って生きてきたのかを理解出来て初めて自分を大切にしようと思う事ができました。

先生のカウンセリングはただ、悩みに共感し、同情するのではなく、気持ちに寄り添い、理解し、感情や状況を整理して下さるのでストンと自分の中に落ち、冷静に客観視できるようになりました。

悩みの渦中にいるとパワーを失うだけですが、気持ちや状況をどこから来るものなのか理解できるようになれたのは大きな糧となりました。

40代女性

視点が変わったような気がします。

一気に変わったというよりもカウンセリングを受けて時間がたつほど人に対しする捉え方が変わってきたように感じます。

受けて良かったです。

30代女性

自分でも気付いていなかった本当の自分に出会えた気がします。

深く自分を知る事でコントロールしやすくなり、客観的に考えられるようになりました。

生きやすくなるヒントをもらったようなスッキリ感がありました。

私が心のケアをする事になったストーリー

私の体験談を含めて心のケアが不可欠だと至った経緯のお話です。

色々な症状を改善したいと鍼灸治療に来られる方の中で、特に病院で検査しても原因がわからな症状で、なかなか治らない、または急に激しく起こったもの等は、その方が潜在意識に抱えている抑圧された感情や思いが起因している場合がとても多いように感じます。

潜在意識にあるこの思いや感情は、普段はあまり意識されていない場合が多いので、体調を壊したりして自分の心の中をじっくり振り返る機会が訪れないと気付けない事が多いのです。

もちろん中には、体の治療で身体が緩むにつれて、自分の中にあった思いや感情の存在に気付いて行くケースもありますが、長年に渡って思いや感情が強く抑圧されている場合は、体からのアプローチだけでそこに気付く事は難しいと感じていました。

私自身も、この仕事を始めて患者さんに恵まれて忙しくなるにつれて、充実感の一方で何とも言えないプレッシャーや疲労感が日に日に強まり、とうとう開業8年目に一度休業を余儀なくされました。

休業してゆっくり過ごしていても尚、自分の中にある強い緊張感や焦燥感、不安感が消えませんでした。これらの正体は一体何なのか、ここまで来たら腰を据えて自分の中で起こっている事と向き合うしかないと覚悟を決めて心理セラピストの溝口あゆかさんの主催するOADセミナーやカウンセリングコースで心の仕組みを学び始めました。

そこでわかり始めたのは、自分は自分の事を本当はどう思っていたか、そしてその自分をどう繕い隠そうとしていたか、と言うことでした。

私の場合は、「私のやる事は結局いつも的外れ。」と言う強い思いがベースにありました。だからそれが露呈しないようにいつも緊張し不安になっていたのだとわかりました。それがわかった時に、こんな思いを抱えながら人様の体を治療していたらしんどいはずだ!とつくづく思いました。

この思いは未だに時折顔を出しますが、この正体が思い込みだとわかったので以前のようにムリに抑圧して覆い隠さなくても良くなり、プレッシャーや疲労感はかなり軽減されています。

私のこの隠れていた強い思いは、仕事を続けられないほどの緊張感や疲労感として現れましたが、人によっては耳鳴りや、難聴、皮膚のトラブル、生理不順、腰痛、胃の炎症、脱毛症、過敏症等々ありとあらゆる症状として出てきます。

それを体の症状としてだけ見ていると、例え一時的に症状が治まったとしてもその抑圧された思いがある限り必ず再燃してしまいます。

そこで、一度じっくりとご自分の中の本当の思いや感情に向き合う事をお勧めしたいのです。

私が体験したOADセラピーは、カウンセラーが分析したりアドバイスするのではなく、セッションを受ける側の気になる思いや、感情についてしっかりと問いかけをしながら自らが自分の本当の思いに気付いて行くと言うやり方で、私自身とても腑に落ちました。

そして、何よりも救われたのは、この思いや感情は、実は幼少の頃から今までに自分がこの環境の中で生き抜く為に必要だと思って握りしめていた物で、本当は自分を傷つけるためではなく、守るために存在していた事がわかった時でした。

私たちは、いつも自分を存続させるために必要以上に、そして想像以上に頑張っている愛おしい存在です。

そんな自分をより良く理解するためのセッションです。

ご興味のある方は、ぜひ体験してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る